延田大輔ブログ

リーガ東海代表延田大輔のバスケ活動を書いて行きます!

感謝

日曜日は名古屋芸術大学東キャンパスでリーガ東海3on3が開催されました。

 

改めて、参加して頂いた選手のみなさんとスタッフのみんなお疲れ様でした!

 

f:id:nobuta39:20170612221226j:image

 

いつも僕の似顔絵をリアルに描いてくれるコ達。呼ばれてるのは「変なおじさん」

 

f:id:nobuta39:20170612221358j:imagef:id:nobuta39:20170612221416j:image

 

f:id:nobuta39:20170612221458j:image

 

 

 

今回も素晴らしいスタッフ達が、大会を盛り上げてくれました。本当に素晴らしいです。

 

f:id:nobuta39:20170612221621j:imagef:id:nobuta39:20170612221638j:image

 

昔は自分のアイデアやオリジナルに確証のない無敵感を持って大会運営をしていました。

 

ただ、偉大なる先輩方に「お前の好きは周りは別に好きじゃないぞ」と。全ての自信が崩れ落ちました。

 

元々自分に自信はなかったのですが、バスケ運営に関しては天狗になっていたのですね。

 

そこからは、自分の価値観やプライドは一番後回しにして、周りのそれらに敏感になる様にしてきました。

 

個性がないとからしくないとか酷評もされましたが、自分を後回しにすることが結果的に自分の個性が構築されていきました。

 

だから僕はスタッフには本当にわがままです。常に選手の目線になって考えろと。

 

自分の満足には鈍感に

相手の満足には敏感に

 

だから僕はめちゃくちゃ重たいです。だから離れていくスタッフもすくなくありません。すみません。

 

ただし僕の都合だけでスタッフを募りたくないした関わりたくない。だからボランティアスタッフとは絶対に呼ばない。

 

そして、バスケ大会の運営は別に特別な事なんてなくて、相手の感情や立場を優先し続ける事が出来たらそれが一番。結局まわりまわって帰ってくるし。

 

好きな事を仕事に出来ない答えはそこにあるのかも。

 

まず自分が楽しむのではなく、まず相手に楽しんでもらって、結果それが自分の楽しみに変化する。

 

相手や周りに楽しんでもらえているかはわかりませんが、決して満足はせず、その日のうちにしっかり反省し次に繋げています。

 

だから毎回打ち上げは殺伐笑

 

みんなすみませんm(_ _)m

 

でもせっかく繋がれたのだから、大会だけではなく人生がもっと憂うようなキッカケにして欲しい。

 

もちろん僕がそれを体現出来ています。スタッフみんなのお陰で。本当にありがとうございます。

 

 

 

次回は7月30日。

 

仲間はまだまだ募集しています!

 

 

 

あっオネリンの方からプレゼントをいただきました!

 

f:id:nobuta39:20170612223440j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuta39:20170612223521j:image

 

広告を非表示にする